2016年7月28日木曜日

夏の果物と水差し(水彩)





なかなか梅雨が明けませんね、と書いたら、梅雨明けしたというニュース。でも、曇っているなあ。

今回のテーマは、夏の果物ですが、鮮やかに色を出すには、最初に濃く一気に塗ってしまうことがコツだと習いました。透明水彩は水の加減で濃さが変わりますので、最初のひと塗りで鮮やかさが出せるといいですね。

iPhoneの画像だと、どうも変に濃くなるので、水彩の淡さが出にくいのですが…。

水差しの中のライムや向こう側に映るスイカの屈折が面白かったです。ガラスを描くのはこの不思議な屈折や光がなんとも面白いのです。

水差しには、果物の色や布の色が沢山映っているので、驚くほど沢山の色を使っています。

レッスンを随分休みまして、自分なりに絵を描いて色々試すこともできまして、心身ともに休まりエネルギーも溜まってきたので、また水彩のレッスンを8月から再開しようかなという気持ちになっています。薔薇の1dayレッスンもしようかなと思っています。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿