2014年1月4日土曜日

遠藤周作「侍」の挿し絵




いつも挿し絵を描かせていただいている月刊「致知」鈴木秀子先生の連載『人生を照らす言葉』の2014年2月3月号の挿し絵です。

今回のテーマは、遠藤周作さんの「侍」です。これは、支倉常長がモデルです。江戸時代初期に仙台藩主・伊達政宗の命でスペイン、ローマに渡り貿易交渉を行い、洗礼を受けて帰国したものの、キリスト教は江戸幕府により禁教令が出されていました。

そんな支倉常長の人生を描いた作品です。

実は、遠藤周作さんの作品は母がとても好きで、ほぼすべて読んだのではないかと思います。その頃、母は片目がほぼ失明状態で、そんな目で遠藤周作さんの小説を何冊も読んでいました。

また、この連載をお書きになっている鈴木秀子先生は遠藤周作さんと親しかったこともあり、私もとても身近に感じていました。ある日、その頃母の話を聞いたりお世話をしてくださった方が勧めて下さって、遠藤周作さんの奥様に母がお手紙を書きたいというので書いたんですね。

その後、ちゃんとお返事を下さって、とても丁寧におやさしい文面で感動したのでした。


さて、1枚目の絵は、「いまいる場で光を放てる人間に」という言葉からきています。
支倉常長の人生は、スペインやローマと翻弄され、最後には貧しい谷戸での暮らしがありましたが、常にキリストの姿がそこにあったようです。それを十字架で現しました。

文章の内容を絵にするのは、本当に毎回、のたうちまわってしまうくらいアイディアがでるまで大変なのですが、今度、その絵を文章で解説するのも、なかなか難しくて、描いてから少し日が経っているので、うまく解説できないのです💦!

今回、二回に渡る連載ですので、次の絵は2回目のものです。

これは、支倉常長が処刑される場に向かうシーンからとりました。
どんなに絶望的な状況の中にも、人は光を見ることができるということを象徴しています。 

毎回、うんうん唸って描いていますが、それでもこの仕事は本当に私にとってありがたく、勉強になるんですね。

何かの機会で、この「致知」(ちちと読みます)という雑誌をお手に取るようなことがありましたら、ぜひご覧ください!



★急遽、1月7日にきれい系天使の1dayレッスンをすることになりました。2014年最初のきれい系天使さんのレッスンです。このあとは、2月になってしまいますので、よろしければどうぞ!

★1月15日の水彩画レッスンは、初めての方でも体験していただけるようにと考えております。まだ、残席がありますので、水彩画を描いてみたいという方は、道具などもお貸ししますので、お気軽にご参加いただけたらと思います!

★3月3日、14日にエンジェルカードリーディング認定講座を開催します。エンジェルカードリーディングにご興味がある方はぜひどうぞ!


*1月の予定
1/4(土)…天使画コース via スカイプ
1/6(月)…天使画コース 白いふわふわの羽根 両翼の羽根 満席になりました!
1/7 (火)…きれい系天使1day レッスン 残席1名様
1/9(木)…天使画コース 薔薇 片翼の羽根 残席2名様
1/13(月)…天使画コース ゆるカワ天使さん 残席1名様
1/15(水)…水彩画レッスン(水彩画・デッサン)残席2名様
1/17(金)…和アート (テキスト講義と3分間アート)残席2名様 夜間
1/18(土)…天使画コース via スカイプ
1/20(月)…天使画コース きれい系天使さん(目を閉じた天使、横顔の天使)満席になりました!
1/23(木)…天使画コース きれい系天使さん(目を開けた天使、猫さん)満席になりました!
1/27(月)…天使画コース via スカイプ 
1/31(金)…天使画コース via スカイプ

*2月の予定
2/2(日)…1day きれい系天使(目を開けた天使) 残席2名様
2/3(月)…天使画コース via スカイプ
2/4(火)…天使画コース via スカイプ
2/5(水)…和アート (香り・レモン、自由題) 残席2名様 夜間
2/7(金)…天使画コース via スカイプ
2/10(月)…天使画コースvia スカイプ
2/13(木)…天使画コースviaスカイプ
2/13(木)…和アート (バリの街並み・ビラミッド)残席2名様 夜間
2/17(月)…天使画コースvia スカイプ
2/19(水)…水彩画レッスン
2/20(木)…天使画コースviaスカイプ
2/24(月)…天使画コースviaスカイプ
2/27(木)…天使画レッスンvia スカイプ

*3月の予定
3/3(月)…エンジェルカードリーディング・プラクティショナー認定講座① 残席3名様
3/10(月)…天使画コースviaスカイプ
3/14(金)…エンジェルカードリーディング・プラクティショナー認定講座② 残席3名様
3/17(月)…天使画コースviaスカイプ
3/19(水)…水彩画レッスン
3/21(金)…天使画レッスンviaスカイプ
3/28(金)…天使画レッスンviaスカイプ
3/25(水)…きれい系目を開けた天使・薔薇 残席2名様
3/29(土)…天使画1dayレッスン きれい系天使 残席1名様

11:30にたまプラーザ集合になります(変更の場合もあり)。その他の日にちでご希望がある場合は調整いたします。
お申し込み・お問い合わせは、minominirose@@gmail.com まで。(@ を一つ取ってお送り下さい)(※アメブロでのメッセージは、迷惑メールになって開くことができない場合がありますので、gmailの方にお願いできると助かります!)


*天使画を描いてみませんか? 天使画レッスンの詳細はこちらです。→☆

*パステル和アートのレッスンはこちらです。→☆

*パステル和アート準インストラクター養成講座はこちらです→☆

*曼荼羅レッスンはこちらです。→☆

*エンジェルリーディングと数秘を組み合わせたリーディングを致します。ご自分の魂の計画と、天使からのアドバイスを同時に見て行きます。→☆

*お絵描き教室はこちらです。→☆



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. あけましておめでとうございます。

    大晦日はカウントダウン前に浅草でジェンカを踊っていた私です(笑)

    遠藤周作の本は小説よりもエッセーの方を愛読していました。

    小説はスゴク重くて若い頃の私では息苦しくてたまらなかった思い出があります。

    「沈黙」から読んだのがいけないのかもしれませんが。

    「狐狸庵先生」の時のバカバカしさは大好きで、腹を抱えて笑ったものです。


    支倉常長は実在の人物ですけど、支倉家の家系図には常長という人は出てこないそうです。

    代わりに「長経」と書かれているそうです。

    支倉家は一度お取りつぶしにあっているので、キリスト教の洗礼を受けた常長という人物がかつていたことを隠すためだと言われていますが・・・。

    2枚目の絵は、死後、自己の存在すら否定されてしまった常長の姿を見ているようでならないんですが。

    返信削除
  2. しもさん
    あけましておめでとうございます!今年もコメント、ありがとうございます!
    浅草でジェンカですか?ジェンカって、あの列になって踊るアレですかね。
    懐かしいかも。

    狐狸庵先生のエッセイは面白かったですね。あれを書いた人が「沈黙」を書いたなんてと思うくらいの違いでしたね。懐かしいなあ。

    支倉常長のこと、実はあまり知らず…。そうなんですね。死後もなお、そうやって存在を否定されるなんて、切ないですね。

    なかなかアイディアが湧かず、2枚目は特に苦労しまして、苦しみました。

    今年もよろしくお願いします!しもさんの1年が良い年になりますように!

    返信削除