2011年12月9日金曜日

Blessing in Disguise 実は祝福

やっぱりアセンションが起きているのかなあと思わずにはいられない日々が続いています。皆様はいかがでしょう。

私自身も、このところの状況は現実的には、結構ハードに色々展開していて、長年のわだかまりが解けるような、劇的な状況もどんどん起きています。

特に人間関係において、嫌いな人が消えてしまった状態です。これは不思議なのですが、苦手と思っていた人も、その人の深い所の気持ちがなんとなく見えて理解できると、すっと腑に落ちて、相手への怒りや不満が消え、そうするとなぜか、その人と話をする機会がやってきて、いい感じで会話ができるという流れが起きるのです。過去のわだかまりが、すーっと氷解しています。

流れがあまりにも急展開なので、体調を崩されていたり、とてもキツいと感じている方も多いかと思います。

どうやら、ギョッとするようなことが起きたり、これまでではあり得ないようなことが起きることによって、古い概念をバーンと手放さざるような展開に、どんどん持って行かれている感じがしています。

ですから、ちょっとキツいなとか、今年は大変なことが起きたとか、なんでこんなことが起きたの?という体験をされた方が結構いらっしゃるようです。

でも、それこそが大きな恵みです。だからこそ、これまで味わったことのない体験をすることで、たくさんの気づきがあったり、それまで見えなかったことが見えてきたりするのです。

どうやら、こんな風に、結構劇的に変わらされているんだなあという気がしています。

一見、大変なような状況が起きても、必ず、その後に、このことがあったからこそ良かったんだと思える状況になりますから、違う見方をしてみましょう。

エンジェル・カードでは、BLESSING IN DISGUISE というカードがそれに当たります。デイリーガイダンスオラクルカードという紫色の箱に入ったカードです。

問題としか思えない状況にも光はあるという内容ですが、良くないと思っていることが、実は深い天の意図があって、大きな祝福だったということです。

私はこのカード、とても好きなのですが、今、特に強く、このカードが伝えることが起きている気がしますので、ちょっとそんな風に起きてくることを見てみるといいかもしれませんね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

0 件のコメント:

コメントを投稿