2012年3月9日金曜日

誕生数秘学って面白い!


曼荼羅個人レッスンを受けた時にご紹介いただいた本が何冊かあるのですが、その中で最近私がとてもはまっているのが、「誕生数秘学の智慧」(はづき虹映著 アルマット)です。

曼荼羅を描くときは、中心の一つの点からはじまり、図形を対照的に配置する時は2つの点になり、三角、四角、五角形、六角形、八角形と様々な形を描いて行きますが、それぞれの数字にはエネルギーがあり、全部違うんですね。

そして、自分の誕生日にも秘められた意味があるというのです。

自分の誕生日の数字をすべて足していきます。たとえば、今日2012年3月9日が誕生日なら、2+0+1+2+3+9で、17になり、さらに1+7で8になるわけです。

こんな風にして自分のエンジェルナンバーというのを知ることができます。11と22と33は、マスターナンバーとして、足さずにそのまま扱います。

どの数字が良くてどの数字が悪いということはありません。

以前、「ソウルナビゲーション」という本で、自分の誕生日の数字や、その特徴も知っていたのですが、その時はどうも受け入れられなくて、なんとなく見て見ぬふりという感じでいたのですが、それから数年経った今、自分の人生を見ると、本当に納得なんですね。

私は父の会社を継いで社長業なんてしてしまったことがあるのですが、それもこのナンバーの人の気質をとても表しているようですし、パワーが結構あるんですね。でも、それがちょっと嫌でした。

この本には、それではどうしたらいいのかということも書いてあります。私の場合は、金運や成功運などが結構強いけれど、自分で独り占めしては良くなくて、なるべく他の人とシェアするということが大切らしいのです。

それも、自分の中では実はとても納得なんですね。ですから、これは役に立つとか、いいなと思う事は、なるべくそれを必要としている方に伝え、何かを得たら、できるだけそれを他の人にも分けるということを心がけています。

以前は、結構自分だけ…というところありましたから(汗)。

もう一つ、面白いのは、個人年数表で自分の周期がわかることです。
私の場合だと、今2012年で3月18日生まれなので、2+0+1+2+3+1+8になります。17なので、さらに足すと8ですので、今年は8の年ということになります。

1.発展 2.強調 3.創造 4.安定 5.変化 6.愛情 7.休息 8.充実 9.完結 11.動揺 22.大波乱 33.激動

ということなので、今年は私は充実、願望実現の年ということになります。これまでやってきたことが実現したり幸運が巡るラッキーな年ということですが、調子に乗りすぎるとよくないという注意もあります。

これで過去を見てみると、会社をやめるときに一年近くかなり心身共に参ってしまい、寝込むことが多かった年があるのですが、まさに休息の年でした。自分を見つめる必要があったようです。

数字の持つ意味というのは不思議ですね。もっと勉強してエンジェルリーディングにも応用したいなと思ったりしています。

今月のワークは、
3月11日(日)、17日(土)に曼荼羅ワーク(どちらも同じ内容です)
3月12日(月)、13日(火)にエンジェルカードリーディングプラクティショナー養成講座です。まだ残席ございます。



にほんブログ村 美術ブログ パステル画へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

0 件のコメント:

コメントを投稿