2012年8月29日水曜日

天使と薔薇と真珠



昨日は、ラティーシャ・たか子さんと一緒に、自由に描くということで、私は天使を描きました。

この天使が持っているのは、ボーリングの球ではありません(汗)。

ちょっとクリスタル感が出せていませんね。少女漫画だなあ。

慈しみや愛の目線で地球を見ている感じが出ているといいのですが…。




もう1枚。顔が入ると、なかなか難しいですね。まして、身体や手を描くとなると、本当に誰でも描けるように…と思っても、型を使うわけにもいかず、どうしたものかなあと思います。

額にいれて飾るのであれば、もっと渋い色の方がいいかもしれません。


薔薇と真珠です。たか子さんが「アヴェ・マリア」のイメージで薔薇と真珠を描いていらしたので、そういえばよく真珠を描いていたので、「アヴェ・マリア」の曲を聞きながら私も描いてみました。

なんか、濃い〜。ま、いっか。

フレームにいれるとこんな感じです。う〜ん、漫画感がぬぐえない。どうしたものか。







天使画や薔薇を皆さんと一緒に描けるように、できるだけ描きやすくと考えているところです。




*薔薇曼荼羅をお描きになりたい方は、ご希望の時間を調整いたします。→☆

*曼荼羅ワークはこちらです。→☆

*パステル和アート準インストラクター養成講座はこちらです→☆

*パステル和アートのレッスンはこちらです。→☆


にほんブログ村 美術ブログ パステル画へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

4 件のコメント:

  1. リアルに描くなら水彩の方がいいかもしれないですね。

    型は上手く使えないですかねぇ。

    それぞれの素材の型があって、それを各人が自由に配置して作品をつくっていくことはできないですかねぇ。

    例えば2番目の天使だったら、私ならこういうゴージャスな天使の周りには薔薇でいっぱいにしてみたい気がするのですが・・・。

    う~ん、それでは版画になってしまうかなぁ。

    返信削除
  2. 初コメです。
    1枚目の天使さんに心奪われました。
    本当に素敵。ずーっと眺めてたいです。

    返信削除
  3. しもさん、ありがとうございます!

    水彩でも描きたいんですよね〜。リアルなら、最終的には油彩がいいかもしれませんね。

    型を使うのか、フリーハンドで描くのかは、本当に大きく違うので、絵が苦手と思っている方や、初めてという方は、型を使うことは安心だし、確実性があるわけですが、私自身はフリーハンドで描く方がやさしく感じてしまうので、その辺がいつも葛藤する所なんですね〜。本当に試行錯誤です。

    誰にも描けるように、という目的があるので、このような葛藤が生じます。

    薔薇でいっぱいもいいですね。色々なパージョンを描きたいです。

    返信削除
  4. たまきさん
    コメント、ありがとうございます!

    そんな風に言っていただけると、とても励みになります。

    ちょっと漫画みたいで、どうかな〜と思っていたので。また、描こうという気持ちになりました。ありがとうございます!

    返信削除