2013年4月30日火曜日

どうせ私は愛される



今日は絵の話ではなく…。

疲れたり、色々なことが重なったりすると、なんだか悲しくなってきたりしますね。私は最近、心屋仁之助さんがおっしゃっている、「どうせ私は愛される」という言葉が沁みるんですね。

大人になったって、人は「私なんて愛されていない!」とただをこねる子供みたいになることがあるんです。そして、「どうせ愛してもらってなんかいない」ということをわざわざ証明するようなことをしたりして…。

悩みの多くを掘り下げて行くと、「愛されていないんじゃないか」に辿り着く気がします。

でも、結局、必ずちゃんと話を聞いてくれたり、一緒にご飯を食べてくれたり、心配してくれたりする人もいるんですよね。いないと感じても、今、ここに生きているっていうことは、愛されている証拠なんでしょうね。

それで、どんなに自分が愛されていないという証明をしようとしても、結局は愛されていることに突き当たっちゃう気がします。

この世のしくみって、なんというか逆説的なんだな…。



にほんブログ村 美術ブログ パステル画へ

4 件のコメント:

  1. なんだか難しいですけど、悩んでいる時って割と視野が狭くなっていますよね。

    だから気づきにくいっていうのはあるのかなぁ。

    それと普段からされていることには慣れてしまって、そのことによって愛されていると感じることはない位鈍感になっている人もいるのかなぁと思います。

    サプライズを求める人は割とそういう傾向があるのかなぁ、と思ったりもするんですけどね。

    幸せとか平和っていうのは、おそらく退屈極まりない状態にこそあるものだと思います。

    返信削除
  2. しもさん
    本当に幸せや平和って、刺激的ではないし、一見退屈で平凡な感じですね。

    でも、それに気づけるかどうかが、人生結構大きいかもしれないなあと思います。

    そうそう、先日のリーディングのとき、広尾まで来て下さったんですよね。お話できずに、本当に申し訳なかったです。気づかなくて、本当に失礼してしまいました。差し入れも下さって、娘が美味しいと喜んでいました。「ありがとうございます!」と伝えてと言っています。

    本当に何もできませんが、ありがたく思っています。娘もどうなのかなと思う日もあるのですが、少しずつ良くなっているような気がします。

    本当にありがとうございます!

    返信削除
    返信
    1. いやぁ、いいんですよ。
      先日、皆さんから過分なお言葉も頂戴していたことですしね。

      時間が空いたら会場に入ろうと思っていたんですけど、次の方も来られたので
      何もリーディングの邪魔をしてまで今日会わなくても・・・
      と思い失礼させていただきました。

      今度は私だとわからないような格好で行ってみようかなぁ。
      コスプレの経験はありませんけど(笑)

      削除
  3. しもさん
    そうでしたか。本当に次回は、絶対に声をかけてください!せっかくなんですから、お話したいですし。

    でも、コスプレしてきてくださったら、面白いなあ。かもさんたちと、戦国BASARAあたりで。あ、テニミュでもいいです。すみません、私、ほんと、オタクで…。

    返信削除