2014年4月9日水曜日

人物は細部よりおおまかな明暗かな



今日は、水彩でこんなモデルさんを描きました!

たぶん、私がこれまで描いた男性モデルさんの中でも1,2を争う美形の方でした。

インド系の方だと思いますが、かなり濃く肌の色を塗ったと思ったけれど、まだ薄い。

これは本当によくあるのですが、肌の色って日本人が外国の方を描く場合、どうも日本人的になるんですね。黒人の方や、インド系の方などの肌は、本当に思い切って濃くしないと、日本人みたいになってしまう。白人の方は、かなり赤やピンクを使うし。…で、今回の絵も、濃さが足りなかった。

このモデルさんは、本当にハンサムで、目を細めたりする表情がとても美しかったです。インドの王子様みたいな感じで、顔が描きたいと思ったんですね。身体もよく鍛えていて、ほどよい筋肉で美しかったのですが、限られた時間なので、今回は顔だ!と思いまして。

最初、明暗が足りなくて、細かい描き込みを目などにしていたのですが、どうも絵画的にならない。それであとから、さらに明暗を足しました。

どうしても、細かい所に目が行き、細かく描きたい性分なのですが、いかに大きく捉えて、大まかにざっくりと明暗が描けるか。美大の四年間、いつもそこが課題だったのですが、いまだに、つい細かく見てしまう。

ざっくり大まかに描きたい。

肌には、茶系の他に紫やグリーンやイエローオーカーや赤やオレンジなど、色々な色を入れています。

この方をインド風の衣装で、豪華な背景にして、油彩で描いたら面白いだろうなあ。

もう一度、このモデルさん描きたい。今度は正面で全身で…。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿